« アイフル|aiful | トップページ | フタバ|FUTABA »

返済方式

消費者金融の返済方式には幾つか種類があり、これらの組み合わせで返済方式が決定されます。

借入残高スライド方式

借入残高に応じて、最低返済金額が変動(スライド)する方式です。 一般的に借入残高が多くなれば最低返済金額も多くなります。

例)10万借入の場合は月1万円の最低返済義務、50万借入の場合、月5万円の最低返済義務。


元利均等返済方式

金と息の合計額が毎回均等になる返済方式。

借り始めは返済額に対する利息額の割合が大きく、返済が進むにつれ返済額の中の元金の割合が大きくなっていきます。

毎月の返済金額が一定なため管理はしやすいが、返済総額は元金均等返済方式に比べ多くなってしまうのが特徴です。


元金均等返済方式

借入総額を返済回数で割り、毎回返済する元金を均等にする返済方式。

元金は一定であるが、借入残高が毎回変動するため返済利息も併せて変動します。
そのため毎回の返済金額にばらつきはでるが、元利均等返済に比べ返済総額は少なくなります。


リボルビング

借入総額・残高に関わらず、毎回一定金額を返済していく方式。
返済回数指定の分割ローンが各々の件に個別に計算するのに対し、リボルビング払いの場合は借入総額を全て一括りにされます。
返済金額も一定であり、借入総額が増えても返済に困らないというのが利点であるが、逆を言えば実際は返済に困るほどの借入をしていたとしても気づきづらいということも問題点としてあげられます。

結果的に、借入総額に対して返済金額の設定が低すぎると、ほとんど利息だけしか返済していないような状態になるので注意が必要です。

« アイフル|aiful | トップページ | フタバ|FUTABA »

キャッシング」カテゴリの記事

返済方式」カテゴリの記事

MENU

リンク集

無料ブログはココログ